ちゃんこ!(ちゃんこ鍋の事ではありません)

つい先日、数週間ぶりにやーっとちゃんこが現れた!!
ちゃんこというのは野良猫友達で、何故名前がそうなったのかは名付け親の息子も記憶にないそうで、おそらく口から出まかせでこうなったと推測される。

ちゃんこはまだ寒さ厳しい極寒の2月に妊娠したようであった。多分1歳になっていなかったと思われる。「まさかこの真冬に」という予感が的中。ちゃんこのお腹は大きく膨れ始め、4月の始めにはパンパンになっていて、もういつ出産してもおかしくない状態でご飯を食べにやって来ていた。出来る事なら連れて帰ってあげたいが、我が家には超猫好き、でも実は猫アレルギー持ちのダンナがいるため、それは出来ない。後ろ髪引かれる思いで毎晩ちゃんことバイバイしていた。

そろそろ本当に出産かも、と思った翌日からちゃんこは姿を見せなくなった。数日ぐらいは来ないかもしれないと思っていたが、1週間2週間と経つうちにどんどん思考はネガティブ回路をさまようようになっていった。どこを寝所にしているのかはっきり分からないものの、それらしい所(空き家)の近くにも行って、エサを知らせる合図の鈴をチリンチリンと鳴らし続けてもちゃんこの姿は見えず虚しく鈴の音だけが鳴り響く日が続き、3週間ほど経つと最悪のことも考え始めた。

そして5日前!!待ちに待ったちゃんこが帰ってきたのである!!鈴の音を聞いて走って来た!!!
「ちゃんこーーーー!!!」
お腹はもう膨れていない。タプタプとたるんでいる。とりあえず無事に出産は出来たようである。子猫がどこにいるかは分からないが、たっぷりとご飯を食べたあと、少しゴロゴロ毛づくろいをして、ちゃんこは空き家の方へ帰って行った。
歓喜雀躍、ちゃんこが無事だった、ご飯もいっぱい食べた、無事だった無事だった、良かった良かった!!!
と、この日は心底嬉しかった。そしてその翌日、またちゃんこは現れた。がしかし、どうも様子がおかしい。首の片側に咬まれたような跡がある。その反対側には毛が抜けて皮膚の様子がおかしい。餌を食べるには食べるが、ママのわりにはあまり食べない。どことなく元気もない。そして決定的におかしいと思ったのはその歩き方で、ヨタヨタと斜めに歩いているのだ。昨日はそんなこと全く気が付かなかったのだが。。。
医者に連れて行けるものなら連れて行きたい。が、子猫がどこかにいる。子猫をほったらかしにすることも出来ない。悩んだ挙句、その日は辛いながらもそのまま私も帰ることにした。

そして翌日。近所の獣医さんに行って、ちゃんこの様子を相談した。傷のようなものは何なのかは見てみないと分からないが、育児疲れで疲労困憊しているのかもしれないと、とりあえずビタミン剤とダニ取り薬を購入して帰った。
昨日ダニ取り薬のパウダー(授乳中はこれでするしかないとの医者のアドバイス)を全体にマッサージしてすりこみ、ビタミン剤も与えたところちゃんと食べてくれた。首の傷を見ると、だいぶましになっている!食欲も戻ってきているようだ!小虎(別の野良ちゃん)と喧嘩する元気まである!子猫達のところへ帰って行く足取りもしっかりしていた!

という訳で一喜一憂しとりましたが、今日も元気なちゃんこを見ることが出来て一安心出来たワケであります。


ちゃんこ!(ちゃんこ鍋の事ではありません)」に3件のコメントがあります

    1. そうなんです、子猫達に会えるのを楽しみにしているのですが。。。引き取ってくれる人がいたら万々歳なんですけれどね!!
      怪我の方は、昨日見た感じではだいぶ良くなっていました(^-^)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。